• つくば豚
    養豚家の経験と遺伝子解析技術を利用した新ブランド豚。
  • お問い合わせ
  • 電話番号 0120-298-860

つくば豚が美味しい理由

    

Tasty reason "Tsukuba-buta"?

豚は同じ環境のもと、同じ飼料で育てても、赤身内の脂肪含有量が個体によって、2~12%と約6倍もの違いがあり、脂肪含有量が高いほど、美味しいとされています。
つくば豚は、より良い血統の選抜、特別な飼料、最適な飼育環境で脂肪含有量を高め、安定した美味しさをお届けします。

血統

親豚となる豚の毛根から「タビー」という体内エネルギーの代謝に関わる遺伝子を選抜。
優秀な遺伝子を持つ親豚同士を掛け合わせる遺伝子育種を行なっております。

飼料

大麦30%配合の特別飼料を使用。
穀物を多く含む飼料を与える事でさらに赤身に含まれる良質な脂肪含有量がましていきます。
※哺乳期、仔豚育成用飼料、肉豚育成飼料を段階追って、変えております。

大麦30%配合。
穀物類は豚が好む餌の一つで消化が良く低カロリーで、健康で質の良い脂肪が旨味を作ります。

環境

同じ親から同時期に生まれた仔豚は、同じサークル内で育ちます。
豚はとてもデリケートな生き物なので、大きな物音や豚同士の喧嘩の少ない環境を作っております。